« 丹沢山 2011/12/10-11 日本百名山縦走シリーズ(後編) | トップページ | 比企三山馬蹄形縦走 2011/12/24 馬蹄形縦走シリーズ第1弾! »

大岳山/御岳山 2011/12/18 奥多摩三山登頂シリーズ

大岳山(おおだけさん)1,267m/御岳山929m 単純高低差432m

Odakesan_20111218_005Odakesan_20111218_338

今回は、奥多摩三山のひとつに数えられている大岳山に照準を絞って登頂を目指していきます。大岳山は日本二百名山にも数えられる秀峰で、重量感のある山容は奥多摩の山の中でも一際目立ちます。その特徴的山容は、その昔、東京湾を航行する船の目印にもなっていたそうです。

今回の同行者は、大菩薩峠以来の登場となる群馬出身のM氏とともに登頂していきます。

入山前に宜しければお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

(ルート):滝本駅(ケーブルカー乗車)⇒御岳山駅⇒武蔵御嶽神社⇒長尾平分岐⇒奥の院⇒鍋割山⇒芥場峠⇒大岳神社⇒大岳山⇒芥場峠⇒綾広の滝⇒ロックガーデン⇒天狗岩・七代の滝⇒長尾平分岐⇒御岳山駅(ケーブルカー乗車)⇒滝本駅


Odakesan_20111218_001Odakesan_20111218_008

自宅最寄駅にて6時20分、M氏をピックアップしていきます。圏央道桶川北本IC~青梅IC間、高速を利用して時間短縮を計ります。御岳登山鉄道滝本駅に7時30分到着します。70分で到着です。まだ時間帯が早いので駐車場は思ったより空いていました。154台の駐車スペースがありますが、シーズン中は8時過ぎるとアウトみたいです。


Odakesan_20111218_003Odakesan_20111218_007

ケーブルカーは2本目の7時55分に乗車予定です。まだ時間があるのでトイレに寄ってから乗車します。


Odakesan_20111218_014Odakesan_20111218_017

既に標高407Mの地点より、平均勾配22度26分、最大勾配25度10分、距離1,107mを所要時間6分で御岳山駅まで運んでいただきます。 


Odakesan_20111218_018Odakesan_20111218_020

全長12m、定員116人乗りのオレンジ色をした日出号に乗車します。一般ハイカーや自転車を担いだバイカーなど15人ぐらい乗車していました。


Odakesan_20111218_028Odakesan_20111218_030

僅か6分であっと言う間に一気に400m高度を稼いできました。本日は標高828Mからのスタートになります。


Odakesan_20111218_031Odakesan_20111218_034

ケーブルカーを下りると既に視界良好の眺望が利いています。


Odakesan_20111218_037Odakesan_20111218_039

休止中のリフトのりばに隣接して富士峰軒の土産屋があり、前面には展望台があります。


Odakesan_20111218_040Odakesan_20111218_041

眺望はすこぶる利いていて筑波山が確認できました。


Odakesan_20111218_048_2Odakesan_20111218_049

白根山、男体山が遠方に見えるようですが、そこまで眺望は利いていませんね。


Odakesan_20111218_043Odakesan_20111218_051

御岳駅周辺の集落が眼下に見えます。東京23区方面にはスカイツリー、新宿高層ビル群が確認できます。


Odakesan_20111218_055Odakesan_20111218_057

まずはケーブルカー御岳山駅前より武蔵御嶽神社に向けて登山開始です!


Odakesan_20111218_059Odakesan_20111218_063

歓迎ムードの参道より歩いていくと、前方に山上集落が見えます。集落には宿坊が集合していて、一体何軒あるのだらう。


Odakesan_20111218_066Odakesan_20111218_067

舗装道路を進んでいきます。見下げると滝本駅からの長い九十九折り林道が見えます。やっぱ、ケーブルカー見ちゃうと頑張って登る気にはなれませんね。


Odakesan_20111218_069_2Odakesan_20111218_073

滝本駅からの林道合流地点より、山上集落に入っていきます。


Odakesan_20111218_074Odakesan_20111218_077

静山荘を通過して、合掌造り風な宿坊?を右手に見ながら御嶽神社方面に進みます。


Odakesan_20111218_084Odakesan_20111218_086

御岳山荘には首都大学の客人記載があります。ワンダーフォーゲル部か?


Odakesan_20111218_092Odakesan_20111218_094

そして開店前の土産屋や食堂が並ぶ参道に入ります。ちぃ散歩で2009年12月8日放映された店がありました。


Odakesan_20111218_097
Odakesan_20111218_107Odakesan_20111218_109

武蔵御嶽神社の石鳥居を潜り長い石段を上っていきます。


Odakesan_20111218_114Odakesan_20111218_116

神社境内に入っていくと、宝物殿の前に鎌倉時代の武将「畠山重忠」の立派な像が設置されています。


Odakesan_20111218_124_2Odakesan_20111218_129

Odakesan_20111218_130Odakesan_20111218_132

立派な本殿、裏手にある各御祭神に参拝していきます。


Odakesan_20111218_135Odakesan_20111218_136

参拝後、大岳山方面近道を進みます。


Odakesan_20111218_139Odakesan_20111218_138

長尾平には、開店前の長尾茶屋があります。


Odakesan_20111218_141Odakesan_20111218_144
Odakesan_20111218_142

長尾平には、20年前にパキスタンのウルタル2峰で雪崩に巻き込まれ、死去されたカリスマ的な伝説のクライマー「長谷川恒男」氏の石碑が設置されていました。


Odakesan_20111218_149Odakesan_20111218_151

奥の院、大岳山方面に進み、帰りはロックガーデン方面よりこちらに戻ります。


Odakesan_20111218_153Odakesan_20111218_154

樹高60米、樹齢350年の天狗の腰掛け杉を見学していきます。


Odakesan_20111218_159Odakesan_20111218_160

そして、奥の院・鍋割山方面の登山道に入っていきます。


Odakesan_20111218_162Odakesan_20111218_167

いきなり急勾配の登り込みに変化していきます。


Odakesan_20111218_171Odakesan_20111218_175

スタミナを奪われないように、ゆっくりと高度を稼いでいきます。


Odakesan_20111218_176Odakesan_20111218_177

一旦勾配が穏かになりますが、すぐに鎖場が現れます。


Odakesan_20111218_182Odakesan_20111218_184

そして過酷な登り込み体制へとシフトしていきます。


Odakesan_20111218_186Odakesan_20111218_190

奥の院に到達し、更に上に移動していくと石祠があります。


Odakesan_20111218_198Odakesan_20111218_197

大岳山山頂を正面に捉え、ガレ場を下ります。


Odakesan_20111218_201_2Odakesan_20111218_204

鞍部に落ち着くと、暫く穏かな道を歩いていきます。


Odakesan_20111218_208Odakesan_20111218_216

ピーク手前では、一気に登り上げて鍋割山1,084m登頂です。山頂は展望もなく狭いです。


Odakesan_20111218_217Odakesan_20111218_228

いくらか高度を下げてから、安心歩きをしていきます。


Odakesan_20111218_231Odakesan_20111218_232

合流地点の芥場峠で、ハイカーに通過してきた道が凍っていないか尋ねられます。特に1日中、日影になるような場所はなかったので問題ないよと伝えます。


Odakesan_20111218_234Odakesan_20111218_235

たんたんと進んでいくと、大岳山にかなりアプローチしてきていました。


Odakesan_20111218_245Odakesan_20111218_247

滑落注意の目立つ看板を横目に慎重に岩場を登っていきます。


Odakesan_20111218_252Odakesan_20111218_261

そのままゴツゴツとした岩場を登り込んで梯子を通過します。


Odakesan_20111218_262Odakesan_20111218_264

狭い岩場の間を通って下り気味に進んでいきます。


Odakesan_20111218_267Odakesan_20111218_270

そのまま歩いていくと小屋が見えてきました。廻り込むと石鳥居があり、馬頭刈尾根方面からの合流地点にもなっています。


Odakesan_20111218_276
Odakesan_20111218_277Odakesan_20111218_279

一旦、山小屋の方に下りて確認してみます。現在、休業中の大岳山荘でした。管理していないのか南側はボロボロに崩壊しかけています。


Odakesan_20111218_281Odakesan_20111218_280

奥には、食堂らしき洋風な建物が見えます。外に設置されているトイレは使用可能です。


Odakesan_20111218_286Odakesan_20111218_285
Odakesan_20111218_287

トイレの前には崩落危険がある為、進入不可とされている展望台があります。鉄パイプ越しに眺めてみると、正面には前回山小屋泊してきた丹沢山塊、右側には雄大な富士山の眺望がしっかりと利いています。


Odakesan_20111218_271Odakesan_20111218_273

広場に戻り、石鳥居を潜っていよいよ大岳山山頂を目指していきます。


Odakesan_20111218_292Odakesan_20111218_297

階段を登っていくと、大岳神社に突き当たります。参拝を済ませてから難所の登りに突入していきます。登山道は、凍っている箇所が目立ち始めてきたので要注意です。


Odakesan_20111218_300Odakesan_20111218_302

急斜面のロープが掛けられている岩場を登攀していきます。


Odakesan_20111218_303Odakesan_20111218_307

岩場で着実に高度を稼いでいくと山頂が見えてきました。


Odakesan_20111218_309
Odakesan_20111218_317_2Odakesan_20111218_315

登頂成功です!時刻は11時、ケーブルカーの御嶽山駅より約3時間掛かりました。山頂はハイカーで大賑わいです。三角点、そして山頂標識の側で陣取って飯喰うのは、遠慮してほしいなぁあ・・・。


Odakesan_20111218_320Odakesan_20111218_335

山頂から南~西方面の視界が開けており、先週に引き続き富士山を眺望することができ満足です。蛭ヶ岳を始め、丹沢山系の山々も眺望が利いています。


Odakesan_20111218_336Odakesan_20111218_340

晴天に恵まれたこともあり、各方面より次から次へとハイカーたちが登頂してきます。山頂は、ハイカーたちでバッティング状態になってきました。


Odakesan_20111218_342Odakesan_20111218_343

15分ぐらい休憩してから来た道を下山していきます。


Odakesan_20111218_344Odakesan_20111218_346

凍結箇所は滑らないように下り、石鳥居まで戻っていきます。


Odakesan_20111218_350Odakesan_20111218_353

そのまま御岳山方面に戻ります。パキスタンかインド系の軽装な異国人5人組と擦れ違います。トップ3人からは、片言の日本語で「こんにちぃわ~!」と声を発せられます。


Odakesan_20111218_356_2Odakesan_20111218_360

鍋割山との分岐点の芥場峠に戻ってきました。


Odakesan_20111218_364Odakesan_20111218_361

周回コースのメインとも言うべき、ロックガーデンがある方向に進みます。


Odakesan_20111218_366Odakesan_20111218_368

そのまま進むと更に分岐に出て、ロックガーデンを目指して歩いていきます。ロックガーデンに至る登山道は、北側の陽の当たり難い場所で一部凍結していました。


Odakesan_20111218_370Odakesan_20111218_375

谷側に滑落しないように凍結箇所を慎重に下っていくと、バイクハイカー2人組と擦れ違います。こんな場所を自転車で通過すること自体、かなり無理があります。


Odakesan_20111218_378Odakesan_20111218_382

凍結箇所を通過して見上げると、登頂してきた鍋割山が見えます。ロックガーデンに向けてチャッチャカ下ります。


Odakesan_20111218_384Odakesan_20111218_387

更に分岐を綾広の滝、七代の滝方面へと下っていくと、ロックガーデンに行き尽きます。


Odakesan2_20111218_006Odakesan2_20111218_007

少し進むと空間のある高台に出ます。見下げると、ハイカーたちが何かを目掛けて撮影体制に入っていました。


Odakesan2_20111218_010Odakesan2_20111218_012

そこは、綾広の滝でした。高度を下げてアプローチしていきます。


Odakesan2_20111218_017Odakesan2_20111218_019

優雅に流れ落ちる滝に暫く釘付けになります。


Odakesan2_20111218_015Odakesan2_20111218_013
Odakesan2_20111218_030

レディーハイカー3人組に滝の前で携帯撮影を頼まれます。滝をバックにいい絵が撮れたと思いますが・・・失敗していたら申し訳ありせん(汗)。


Odakesan2_20111218_034Odakesan2_20111218_036

いよいよメインディッシュ地帯である苔むしたロックガーデンを気持ち良く歩いていきます。


Odakesan2_20111218_039Odakesan2_20111218_040

沢を渡り返し、岩の上を落ち着いた自然の雰囲気を感じながら歩いていきます。途中、あずま屋がありました。


Odakesan2_20111218_045_2Odakesan2_20111218_046

ロックガーデンも終盤に近づき、七代の滝方向に進んでいきます。


Odakesan2_20111218_052Odakesan2_20111218_054

七代の滝手前にある天狗岩に取り付こうと思ったら、山ガールたちで渋滞していました。先に七代の滝の見学に向かいます。


Odakesan2_20111218_056_2Odakesan2_20111218_057

標示版には七代の滝まで200m先とありましたので、楽に到達するのかと思いきや、驚くくらいに高度を下げさせられます。


Odakesan2_20111218_059Odakesan2_20111218_062

この鉄梯子を登り返してくる時の過酷さが目に見えてわかっていましたが、素直に思いっ切り高度を下げてきてしまいました。


Odakesan2_20111218_064Odakesan2_20111218_075

苦労して辿り着いた七代の滝を拝むと、全然大した滝ではありませんでした。価値の薄さに愕然として、脚が痺れるくらいの鉄梯子を登り返していきます。


Odakesan2_20111218_079Odakesan2_20111218_077

天狗岩まで戻り、山ガールたちが悪戦苦闘していた鎖に取り付きます。


Odakesan2_20111218_080_2
Odakesan2_20111218_090Odakesan2_20111218_081

鎖の難易度は決して高いものではありませんが、根っこを掴んだ方が登り易いです。根っこ登攀上部には、天狗の銅像が金網に囲まれて設置されていました。


Odakesan2_20111218_086Odakesan2_20111218_089

隅っこの柵の先にも天狗らしき像があります。そして根っこ&鎖を下ります。


Odakesan2_20111218_093Odakesan2_20111218_097

樹林帯を歩いていき、長尾平近くの分岐に戻ってきました。


Odakesan2_20111218_100Odakesan2_20111218_101

長尾茶屋は営業中で、ワインなどアルコール類が売りのようです。アルコールとは無縁の私には、全く魅力を感じない茶屋でした。


Odakesan2_20111218_108Odakesan2_20111218_109

武蔵御嶽神社石鳥居より土産屋がある参道を通ります。


Odakesan2_20111218_113Odakesan2_20111218_112

そして、とある見晴らしの利く土産屋の食堂に入り、事件は勃発します。行動食しか口に入れていない我々は、「折角御岳山に来たのならそばを喰おう!」ということになり、「とろろそば」をオーダーします。

暫く経って気が付くと先客は帰り、後から来た客のテーブルにオーダーの品が届いているではありませんか!不審に思って、空席のテーブルで寛いでいる店員に尋ねてみると・・・・。地下に走り焦った表情で「あと5分で出来上がります!」と回答してきました。もう既に30分以上は待っていて、客もたいしていない状況の中で、「とろろそばが、30分以上も掛かるわけねぇだらう!」と怒りたくなりました。

ここは丁重に「仕上がっていなければ、キャンセルでいいです。」と店を退出します。我々を追いかけてきたおばちゃん店員が、申し訳なさげに土産用の栗羊羹を2個渡してきました。ここは素直に受け取りました。作り忘れは当然のごとくわかっていたけど、揉み消そうとした別の店員に不審感を抱きました。メタボ先輩なら確実にぶち切れて、店ごとぶっ壊していましたね。今回の相棒が温厚なM氏でトラブルが起きなくて一先ず安心です。


Odakesan2_20111218_118_2Odakesan2_20111218_121

そして14時45分、御嶽山駅よりケーブルカーに乗車します。


Odakesan2_20111218_124Odakesan2_20111218_126

車内は混み合っていて、立ったまま6分間下ります。立っている場合の下り乗車は、斜度があるので安定感悪いです。


Odakesan2_20111218_127Odakesan2_20111218_125

そして標高400Mの駐車場に帰着して無事終了となります。帰り道は一般道で飯能市周りから帰ります。麺類が食べたかったので、日高市にある以前より注目していた肉汁うどんの店に入ります。武蔵野うどんは、麺が太く腰が効いていて食感がよかった!ある意味、御岳山の食堂でとろろそばが喰えなくて正解でした。


■天候:晴れ 

■出会った人:未知数(鍋割山コースは比較的空いていました) 

■タイム:8:15~14:30(ケーブルカー御嶽山駅到着時、休憩含) 

■その他: 

◇居住市内の土手沿いから、眺望が利いて見える奥武蔵~奥多摩~奥秩父~富士山~丹沢間で武甲山と共によく目立って見える山が大岳山です。あの山に登ってきたのだと通勤途中に大岳山を確認すると実感が湧いてきます。前々から訪問希望していた大岳山・御岳山は、奥多摩を代表するたいへん人気のある山でした。ロックガーデンも含めてたいへん魅力のある場所で、ハイカーを決して飽きさせない山と認識できました。機会があれば再来してみたい候補の一つにもなりました。

◇最後までご覧いただきありがとうございます。いかがでしたか?御一緒に登頂された気分になれたでしょうか。私からささやかではありますが、クリスマスプレゼントになれば幸いです。(作:2011年12月25日)・・・この程度じゃあ、ならないね。

ホームに戻る 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

« 丹沢山 2011/12/10-11 日本百名山縦走シリーズ(後編) | トップページ | 比企三山馬蹄形縦走 2011/12/24 馬蹄形縦走シリーズ第1弾! »

大岳山/御岳山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568801/53543578

この記事へのトラックバック一覧です: 大岳山/御岳山 2011/12/18 奥多摩三山登頂シリーズ:

« 丹沢山 2011/12/10-11 日本百名山縦走シリーズ(後編) | トップページ | 比企三山馬蹄形縦走 2011/12/24 馬蹄形縦走シリーズ第1弾! »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ