« 破風山 2011/10/2 低山トレーニング編 初級(Photo Only) | トップページ | 苗場山 2011/10/16 日本百名山登頂シリーズ »

大菩薩嶺 2011/10/8 日本百名山登頂シリーズ

大菩薩嶺(だいぼさつれい)/大菩薩峠 2057m 単純高低差467m

Daibosatsurei_20111008_141Daibosatsurei_20111008_271

大菩薩嶺は大菩薩山塊の最高峰で首都圏からのハイキングコースとして高い人気を集めています。大菩薩嶺の南側にはかつて青梅街道が通った大菩薩峠があり、中里介山の長編小説「大菩薩峠」で知名度のある場所です。

今回、川越散策メンバーでこの山塊を踏破することを計画し、各々スケジュールが合致して登頂可能となりました。

日本百名山として知られる大菩薩嶺は、個人山行として第16座目登頂となる百名山となりました。

(ルート):上日川峠⇒福ちゃん荘⇒大菩薩峠⇒雷岩⇒大菩薩嶺⇒福ちゃん荘⇒上日川峠


Daibosatsurei_20111008_007Daibosatsurei_20111008_006

AM0時30分北上尾集合、その後コンビニで買い出しをします。圏央道鶴ヶ島IC⇒中央道勝沼IC⇒一般道⇒国道411号⇒上日川峠駐車場3時30分に到着(林道では鹿5頭に遭遇)。暫し2時間程度車中にて仮眠をします。

車中、和製Jステイサムのみ大いびきを掻いてぐっすり熟睡しておりました。5時30分より準備開始です。広い砂利の駐車場には他に1台の車だけでした。


Daibosatsurei_20111008_014Daibosatsurei_20111008_015

駐車場よりロッヂ長兵衛の前に出るまで少し歩きます(200mぐらい)。途中「ガサッ!」っと音のする方向を確認すると、鹿4頭が我々の姿を見て一気に走り逃げました。野生動物大好きの和製ステイサムが大喜びです。


 

Daibosatsurei_20111008_017_2Daibosatsurei_20111008_019

すぐ側には公衆トイレが併設されています。


Daibosatsurei_20111008_021Daibosatsurei_20111008_022

マップを確認して大菩薩峠に向けて5時50分登山開始です!


Daibosatsurei_20111008_032_2Daibosatsurei_20111008_035

脇に舗装道路がありますが、敢えて樹林帯の中を歩きます。


Daibosatsurei_20111008_042Daibosatsurei_20111008_045

20分ぐらい歩くと”福ちゃん荘”に出ました。


Daibosatsurei_20111008_046Daibosatsurei_20111008_051

福ちゃん荘の休憩ベンチで厚着をしていた和製ステイサムが体温調整をします。なんと!5枚も着ているとのこと。それは暑過ぎだらう。因みに私は上着含めて2枚です。


Daibosatsurei_20111008_054Daibosatsurei_20111008_056

福ちゃん荘からは大菩薩峠の稜線を眺めることができました。


Daibosatsurei_20111008_057Daibosatsurei_20111008_066

Daibosatsurei_20111008_061_2Daibosatsurei_20111008_063

ここ福ちゃん荘は2002年9月12日皇太子と雅子様が御登頂の際にご休憩された場所でもあります。


Daibosatsurei_20111008_064Daibosatsurei_20111008_050

ステイサムの準備が整いましたので再出発と致しましょう。


Daibosatsurei_20111008_072Daibosatsurei_20111008_073

ここで分岐道になります。大菩薩嶺・峠どちらも廻れますが我々は峠方面から周回していきます。先にはトイレが併設されていました。


Daibosatsurei_20111008_081Daibosatsurei_20111008_083

少し先を進んで行くと、山小屋”富士見山荘”が当時の風情を残したまま風化することなく建っていました。


 

Daibosatsurei_20111008_084Daibosatsurei_20111008_085

Daibosatsurei_20111008_086_2

富士見平展望台の足元部分は落ちかけていましたが、奥まで進み眺めて見ました。本日は眺望の利きにくい空模様でしたので富士は確認できませんね。


Daibosatsurei_20111008_092Daibosatsurei_20111008_093

靴ひもの調整をする和製ステイサム。そして童心を思い返すように立ちこぎをするM氏。


Daibosatsurei_20111008_096
富士見山荘近くには”富士見新道”なる藪こぎコースがありました。我々は普通に一般道を歩いていきます。


Daibosatsurei_20111008_102Daibosatsurei_20111008_103

中里介山が長編小説を書き込んでいた休業中の「勝縁荘」前に出ます。ここは深田久弥氏も宿泊した場所でもあります。勝縁荘前で再びステイサムが靴ひもの調整に入ります。


Daibosatsurei_20111008_106Daibosatsurei_20111008_107

勝縁荘を脇に見ながら未舗装の林道を登っていきます。


Daibosatsurei_20111008_120Daibosatsurei_20111008_121

やがて周囲が笹原地帯に囲まれた林道を歩いていきます。


Daibosatsurei_20111008_125Daibosatsurei_20111008_126

林道を歩いていくと介山荘、大菩薩峠から通じる稜線が見えてきました。


Daibosatsurei_20111008_130
介山荘の裏側を廻り込みます。


Daibosatsurei_20111008_133Daibosatsurei_20111008_138

介山荘では、大菩薩グッズなるものが販売されていました。


Daibosatsurei_20111008_142Daibosatsurei_20111008_148

約1時間強で大菩薩峠(1,897m)に登頂成功です。介山荘の白字の太文字に貫禄を感じます。


Daibosatsurei_20111008_150_2

これから向かう稜線です。ややガスっています。


Daibosatsurei_20111008_157Daibosatsurei_20111008_159

本来峠からの眺望はすこぶる利き、富士山・南アルプス方面などが眺められるはずが・・・・。本日はご覧の有り様です。


Daibosatsurei_20111008_162Daibosatsurei_20111008_163

展望盤には色々な山名が記載されています。せめて南アルプス方面がどのように眺望できるのか確認してみたかったです。


Daibosatsurei_20111008_165Daibosatsurei_20111008_167

富士の眺望が利かない状態に納得のいかないステイサム氏。上日川ダムで勘弁してください!って代役にもなりませんが・・・。


Daibosatsurei_20111008_168Daibosatsurei_20111008_174

ガスリから肌寒くなってきた峠付近で連れたちが、何やら峠の雰囲気に感動しておりました。


Daibosatsurei_20111008_180Daibosatsurei_20111008_181

少し高度を上げていくと”中里介山記念塔”が聳え立っています。


Daibosatsurei_20111008_186Daibosatsurei_20111008_187

ガレ場を登り込んでいきます。


Daibosatsurei_20111008_189Daibosatsurei_20111008_190

岩場を登り介山荘を振り返ります。


Daibosatsurei_20111008_193Daibosatsurei_20111008_198_2

岩場を廻り込むと少し広い場所に出ました。


Daibosatsurei_20111008_199Daibosatsurei_20111008_205

親不知ノ頭という場所でした。そして避難小屋が見える方向に下っていきます。


Daibosatsurei_20111008_211Daibosatsurei_20111008_209

避難小屋まで下り、硬い木の扉を開けてみると20-30人は避難できるでしょうか。


Daibosatsurei_20111008_212Daibosatsurei_20111008_213

避難小屋のあるこの広い場所は”賽ノ河原”です。


Daibosatsurei_20111008_217Daibosatsurei_20111008_218

Daibosatsurei_20111008_222Daibosatsurei_20111008_223

やや冷たい風が吹く中、稜線上を歩いていきます。


Daibosatsurei_20111008_227Daibosatsurei_20111008_229

Daibosatsurei_20111008_230_2Daibosatsurei_20111008_231

そのまま登り込んでいくと標高2000米地点に到達しました。


Daibosatsurei_20111008_235Daibosatsurei_20111008_236

先程の富士見山荘前から始まる藪こぎコースの富士見新道は、ここに出てくるのですね。


Daibosatsurei_20111008_239
2000米地点で再びステイサム氏の靴紐調整が行われます。


Daibosatsurei_20111008_240Daibosatsurei_20111008_243

ガスリの中の稜線をたんたんと進んでいきます。


Daibosatsurei_20111008_245Daibosatsurei_20111008_246

Daibosatsurei_20111008_249_2Daibosatsurei_20111008_251

大きな岩場を乗越えるとそこは”雷岩”でした。M氏はここを大変気にいった様子でした。


Daibosatsurei_20111008_253Daibosatsurei_20111008_254

Daibosatsurei_20111008_257_2Daibosatsurei_20111008_258

雷岩より樹林帯の中を10分ぐらい歩いていくと樹林帯に囲まれた山頂が見えてきました。


Daibosatsurei_20111008_259Daibosatsurei_20111008_260

ここが日本百名山の大菩薩嶺です。


Daibosatsurei_20111008_269Daibosatsurei_20111008_266

大菩薩嶺登頂成功です!


Daibosatsurei_20111008_262Daibosatsurei_20111008_261

山頂には北海道よりお越しのシングルハイカーがおりました。百名山廻りかと思ったら大菩薩嶺だけで帰るとのことでした。北海道のお勧めのお山を尋ねたら「斜里岳」との御回答をいただきました。トムラウシは本州の人が好きらしいとのことでした。


Daibosatsurei_20111008_275Daibosatsurei_20111008_276

軽く休憩してから樹林帯を通過して雷岩に戻ります。


Daibosatsurei_20111008_277Daibosatsurei_20111008_279

雷岩に戻り、周回コースの唐松尾根を下ります。


Daibosatsurei_20111008_280Daibosatsurei_20111008_290

ゴロ石のある急坂を下っていきます。


Daibosatsurei_20111008_291Daibosatsurei_20111008_292

元樵でTOEIC940点のスコアをたたき出すステイサム氏も軽快なリズムで下っていきます。


Daibosatsurei_20111008_297Daibosatsurei_20111008_302

Daibosatsurei_20111008_308_2Daibosatsurei_20111008_309

ガンガン・・ガンガン下っていくと福ちゃん荘が見えてきました。


Daibosatsurei_20111008_312Daibosatsurei_20111008_316

福ちゃん荘の前に出ると多くのハイカーで賑やかになっていました。


Daibosatsurei_20111008_318Daibosatsurei_20111008_320

上日川峠に向かう途中、これから登頂してくる多くのハイカーたちと擦れ違います。


Daibosatsurei_20111008_322Daibosatsurei_20111008_324

Daibosatsurei_20111008_325_3

チャッチャカ下って行くとロッヂ長兵衛の前に出てきました。どさくさに紛れてステイサム氏もまるでリトライする準備を整えているかのように見えました。


Daibosatsurei_20111008_328Daibosatsurei_20111008_329

9時30分全員元気に駐車場に帰着です。少し物足りなさを感じる山行でしたが・・・。なんと!朝方2台だった駐車場は満杯状態でした。


Daibosatsurei_20111008_333Daibosatsurei_20111008_335

10時丁度の開店時間に「大菩薩の湯」に癒しを求めにいきます。低温泉で気持ちがよく、水素イオン濃度PH10.05とアルカリ性が強くヌルヌル感があり泉質の良さが伺えました。1時間は湯舟に浸かって疲れを癒しました。


■天候:晴れ(稜線上はガス) 

■出会った人:100人ぐらい(ほとんど下山時、下山後にて) 

■タイム:5:50~9:30 

その他: 

◇脱サラハイカー修行終了後、心機一転して”リーマンハイカー”として修行を再開しました。記念すべき第一弾はM氏の「どうしても大菩薩しかないだらう」の一言で日本百名山の大菩薩嶺に決定いたしました。脚慣らしには丁度いいエクササイズになりました。暇を見つけてはガンガン行かせて頂きますよぉ!

◇今回で深田百名山16座を踏破です。年内あといくつ行けるだらうか。

ホームに戻る 

« 破風山 2011/10/2 低山トレーニング編 初級(Photo Only) | トップページ | 苗場山 2011/10/16 日本百名山登頂シリーズ »

大菩薩嶺」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568801/52946344

この記事へのトラックバック一覧です: 大菩薩嶺 2011/10/8 日本百名山登頂シリーズ:

« 破風山 2011/10/2 低山トレーニング編 初級(Photo Only) | トップページ | 苗場山 2011/10/16 日本百名山登頂シリーズ »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ