« 高尾山 2011/9/10 朝練シリーズ Practice in morning | トップページ | 伊豆ヶ岳~子ノ権現 2011/9/19 低山縦走トレーニング編 初級(Photo Only) »

瑞牆山 2011/9/13 日本百名山の奇岩を突破する!

瑞牆山(みずがきやま)2,230m 単純高低差715m

Mizugakiyama_20110913_266
瑞牆山は奥秩父西端に位置し、花崗岩から形成されている岩峰の塊はひときわ特異な景観で聳え立っています。

深田氏は日本百名山の著書の中で次のように紹介しています。「瑞牆山のユニークな点は、その岩峰が樹林帯と混合しているところである。まるで針葉樹の大森林から、ニョキニョキと岩が生えているような趣である。」として瑞牆山の山名と大きな岩のゴツゴツ立っている山容をたいへん気に入っているようでした。

毎度、瑞牆山を候補に掲げておきながら、急遽当日になって赤岳・四阿山・妙義山などに山行を変更していました。実は最終回は、最期の脱サラハイカー修行に相応しい山として、青木鉱泉から登頂する日帰り「鳳凰三山」を決行する予定でした。なぜかわかりませんがニョキニョキした岩が急に気になり出して、瑞牆山に向かうことになってしまいました。日本百名山登頂シリーズの第15座目となりました。

(ルート)瑞牆山荘駐車場⇒富士見平⇒天鳥川出合⇒瑞牆山⇒瑞牆山荘駐車場(ピストン)


Mizugakiyama_20110913_002Mizugakiyama_20110913_008

前日の満月の夜、23時自宅を出発します。直前まで鳳凰三山へのアタックで迷いかけておりましたが、奥秩父の瑞牆山方面に向かうことにしました。そして秩父の雁坂トンネル廻りから山梨県内に入ります。1時30分「道の駅花かげの郷まきおか」に到着し車中泊です。5時過ぎに目覚め出発準備をします。周囲には10台ぐらい車中泊の車がありました。


Mizugakiyama_20110913_011Mizugakiyama_20110913_012

道の駅まきおかの出発5時30分と少し出遅れてしまいました。クリスタルラインに向けて車を走らせます。乙女湖までは、金峰山の登山口のある大弛峠に向かうルートと同じです。焼山峠から道幅が狭くなり、対向車に注意しながら運転します。


Mizugakiyama_20110913_014_2Mizugakiyama_20110913_015

結構な距離を感じさせるクリスタルラインでは、落石箇所でヒヤヒヤさせられたり、金峰山のシンボル五丈岩が見えて感動させられたりしながらドライブを満喫してきました。


Mizugakiyama_20110913_027Mizugakiyama_20110913_018

瑞牆山荘前にある無料駐車場に到着です。まきおかから90分掛かってしまい、長いドライブに既に疲弊していました。


Mizugakiyama_20110913_024Mizugakiyama_20110913_023

駐車場で準備をしてから瑞牆山荘横にあるトイレ(有料100円)を拝借します。


Mizugakiyama_20110913_022_2Mizugakiyama_20110913_020

瑞牆山荘前の登山口より7時10分登山開始です!


Mizugakiyama_20110913_030Mizugakiyama_20110913_036

まずは静かな樹林帯を歩いていきます。


Mizugakiyama_20110913_047_2Mizugakiyama_20110913_048

徐々に傾斜のある登山道へと変わり、一旦林道を横切り木段を登ります。


Mizugakiyama_20110913_053Mizugakiyama_20110913_056

そして過酷な急登地帯へと突入していきます。


Mizugakiyama_20110913_057_3Mizugakiyama_20110913_062

ベンチの先の樹間から瑞牆山のニョキニョキした岩肌が伺えます。


Mizugakiyama_20110913_065Mizugakiyama_20110913_068

更に高度を稼いでいきます。このあたりで男性シングルハイカー2人を遠慮なく追い越します。


Mizugakiyama_20110913_073Mizugakiyama_20110913_074

約30分で富士見平に到達です。


Mizugakiyama_20110913_075Mizugakiyama_20110913_076

ここ富士見平は金峰山との分岐点でもあります。奥に富士見平小屋が見えます。あの忌まわしい「山小屋OL殺人事件 」の現場です。事件については、瑞牆山のことを調べている時に知りました。1983年の事件で28年前の出来事ですが、複雑な気持ちで周囲を見渡します。


Mizugakiyama_20110913_077Mizugakiyama_20110913_078

素泊まりは出来るようですね。また下山時にでも立ち寄ってみることにします。


Mizugakiyama_20110913_083_2Mizugakiyama_20110913_088

瑞牆山へのルートに向かいます。


Mizugakiyama_20110913_097Mizugakiyama_20110913_103

森林地帯のガレ場を進みます。


Mizugakiyama_20110913_105Mizugakiyama_20110913_106

このあたりから瑞牆山の岩峰がはっきりと確認できるようになってきました。


Mizugakiyama_20110913_110Mizugakiyama_20110913_114

一旦、沢がある鞍部まで下っていきます。


Mizugakiyama_20110913_115Mizugakiyama_20110913_120

天鳥川(あまどりがわ)は増水時、きっと渡るのが困難なコンディションとなることでしょう。


Mizugakiyama_20110913_124Mizugakiyama_20110913_125

沢を渡った先にはやや広めの休憩スペースがあります。小休止はせずにそのまま瑞牆山を目指します。


Mizugakiyama_20110913_127Mizugakiyama_20110913_130

少し歩くと巨大な桃太郎岩の脇に梯子が設置されています。


Mizugakiyama_20110913_131Mizugakiyama_20110913_133

梯子の先では倒木の地帯を登り込んでいきます。


Mizugakiyama_20110913_137Mizugakiyama_20110913_140

難所の岩場が立ちはだかります。岩場が滑るのでしっかりとロープを掴んで上昇していきます。


Mizugakiyama_20110913_143
登り切った所で振り返ります。スタンスが取りづらい岩場でした。


Mizugakiyama_20110913_144Mizugakiyama_20110913_145

悪路を通過して再び梯子へ。


Mizugakiyama_20110913_146Mizugakiyama_20110913_150

大岩を乗り越えて巨岩地帯へと突入していきます。


Mizugakiyama_20110913_151Mizugakiyama_20110913_154

結構な傾斜のある急登地帯ですが、難なく登り込んでいきます。

この急登区間にてこちらも遠慮なく男性シングルハイカー3名を追い越していきます。


Mizugakiyama_20110913_164Mizugakiyama_20110913_173

ロープ箇所もあり岩場のアスレチックです。


Mizugakiyama_20110913_176Mizugakiyama_20110913_178

高度を稼ぎながら登り込んでいると富士山の姿を捉えることができました。


Mizugakiyama_20110913_181_2Mizugakiyama_20110913_182

大岩を廻り込み見上げると”大ヤスリ岩”の上部が見えていました。


Mizugakiyama_20110913_184Mizugakiyama_20110913_188

更に岩と格闘しながら上昇していくと富士山が見えやすくなってきました。


Mizugakiyama_20110913_192Mizugakiyama_20110913_194

岩の赤矢印や赤テープの目印を追いながら上昇していきます。岩の隙間を通過しなければならない箇所もありました。


Mizugakiyama_20110913_202Mizugakiyama_20110913_203

まだまだ連続する大岩地帯と格闘していきます。大ヤスリ岩が接近して見えるポイントまで高度を稼いできました。


Mizugakiyama_20110913_209Mizugakiyama_20110913_210

急登巨岩地帯をガンガン乗り越えていきます。


Mizugakiyama_20110913_211

ふと景色に目を移すと南アルプスの一部が眺望できます。絶景を期待して山頂を目指します。


Mizugakiyama_20110913_212Mizugakiyama_20110913_217

執拗な程に岩場が現れます。流石はニョキニョキした花崗岩で形成されている山ですね。


Mizugakiyama_20110913_218_2Mizugakiyama_20110913_222

大ヤスリ岩のトップに段々目線が近づいています。


Mizugakiyama_20110913_234Mizugakiyama_20110913_237

かなりしんどい登りになりますが、難なく登り込んでいけました。日本三大急登の黒戸尾根・西黒尾根を経験してから体力が付いた気がします。


Mizugakiyama_20110913_238Mizugakiyama_20110913_241

弘法岩に到達です。山頂まであと10分の地点です。その先の岩場は腕力主体にロープで乗り越えていきます。


Mizugakiyama_20110913_242Mizugakiyama_20110913_245

ガシィガシィ!登攀をこなして鉄梯子を登ります。


Mizugakiyama_20110913_246Mizugakiyama_20110913_247

花崗岩の山頂が見えてきました。


Mizugakiyama_20110913_268
遂に念願の瑞牆山に登頂成功です! 

時刻は9時ジャスト。1時間50分の登頂でした。(近くにいた男性シングルハイカーと撮り合います)


Mizugakiyama_20110913_265Mizugakiyama_20110913_248

山頂には写真を交互に撮り合いしたハイカーが仁王立ちしています。本日は絶景を味わえることができました。


Mizugakiyama_20110913_253_2Mizugakiyama_20110913_263

ニョキニョキとした岩峰を見下げながら、山頂にある展望盤で確認します。


Mizugakiyama_20110913_258
富士山をしっかりと眺めます。


Mizugakiyama_20110913_270
北岳・鳳凰三山・仙丈ヶ岳・甲斐駒ケ岳方面。丁度展望したい部分に雲が掛かっていますね。


Mizugakiyama_20110913_274
仙丈ヶ岳・甲斐駒ケ岳、先日登頂してきた甲斐駒の円錐形だけでもしっかり確認してみたいです。


Mizugakiyama_20110913_273Mizugakiyama_20110913_280

絶景ですが正面は切れ落ちています。奥までいくと逝ってしまいそうです。本当に最期となってしまいます。


Mizugakiyama_20110913_282Mizugakiyama_20110913_283

山頂からは見下げる形になりますけど「大ヤスリ岩」が見事です。別名○○ポ岩でしょうか。絶景は広がります。


Mizugakiyama_20110913_285Mizugakiyama_20110913_289

八ヶ岳は雲に隠れて眺望が利きません。麓の街並は確認できます。


Mizugakiyama_20110913_299Mizugakiyama_20110913_300

金峰山、五丈岩がはっきりと確認できます。


Mizugakiyama_20110913_305_2Mizugakiyama_20110913_306

国師ヶ岳方面


Mizugakiyama_20110913_296Mizugakiyama_20110913_315

山頂ではベスポジでガスを焚いているハイカーや休憩ハイカーが徐々に増えてきました。


Mizugakiyama_20110913_309Mizugakiyama_20110913_321

南アルプスより低い位置に見える山が深田氏終焉の地”茅ヶ岳”いつか登頂してみたい山ですね。アルプス方面のガスが切れるのを暫く待ちます。


Mizugakiyama_20110913_332
すると一瞬ですが、甲斐駒ヶ岳の円錐形の山頂が確認できました。


Mizugakiyama_20110913_334Mizugakiyama_20110913_351

その後、山頂に”万歳オヤジ”が登頂してきます。登頂するなり「万歳!」と叫び両手を天に突き上げます。その万歳オヤジと金峰山をバックに写真を交互に撮り合います。


Mizugakiyama_20110913_338Mizugakiyama_20110913_341

脱サラハイカー修行最終山行となるため、1時間強山頂で展望を楽しんでいました。山頂を去る前に山頂標識と大ヤスリ岩を眺めて下山に取り掛かります。 


Mizugakiyama_20110913_354Mizugakiyama_20110913_356

時間はたっぷりとあるので余裕を持って下山していけそうです。


Mizugakiyama_20110913_359Mizugakiyama_20110913_362

登りでは険しかった大岩地帯を周囲の木や岩を掴みながら下っていきます。


Mizugakiyama_20110913_364Mizugakiyama_20110913_370

岩場のアスレチックを楽しみながら高度を下げていきます。


Mizugakiyama_20110913_371Mizugakiyama_20110913_372

このあたりは登りよりも下りが楽しめますね。


Mizugakiyama_20110913_376Mizugakiyama_20110913_379

足元に注意しながら樹林帯に突入です。


Mizugakiyama_20110913_382Mizugakiyama_20110913_386

ガレ場を下ります。


Mizugakiyama_20110913_387Mizugakiyama_20110913_389

梯子を下ってガレ場下りへ。


Mizugakiyama_20110913_391_2Mizugakiyama_20110913_394

難所の滑る岩場です。ここで親子ファミリーハイカー4人が登りで苦戦しておりました。続いて私は後ろ向きで下りていきます。足元をすくわれそうな場面もありました。


Mizugakiyama_20110913_395Mizugakiyama_20110913_396

桃太郎岩の脇の梯子を下り、沢を渡ります。


Mizugakiyama_20110913_401Mizugakiyama_20110913_402

富士見平に向けて登り返していきます。瑞牆山の岩峰も確認できます。


Mizugakiyama_20110913_408Mizugakiyama_20110913_409

ガレた地帯を進みます。


Mizugakiyama_20110913_411Mizugakiyama_20110913_413

富士見平小屋が見えてきました。窓には人影らしきものが伺えます。


Mizugakiyama_20110913_415Mizugakiyama_20110913_416

正面の戸が開放されていました。中には管理人らしきオヤジと友人のオヤジが話込んでおりました。金峰山方向には有料トイレがあります。28年前の事件の舞台となった管理人に待ち伏せをされていたトイレでしょうか。複雑な気持ちです。


Mizugakiyama_20110913_417Mizugakiyama_20110913_418

山小屋周辺からテン場までを暫く見つめます。この辺りを必死に逃げていこうとしたが、捕まり殺害されてしまったのでしょうか。非常に悲しい事件です。

タイムマシンでもあれば当時の現場に立ち、私の首に巻いている汗たっぷりタオル、ザックに挿してあるステッキ、トラロープ等で鬼畜管理人オヤジをシバきます。


Mizugakiyama_20110913_426Mizugakiyama_20110913_430

複雑な気持ちで下山していくと豊富な水量の水場がありました。


Mizugakiyama_20110913_435Mizugakiyama_20110913_440

気分転換に林道を通過していきます。


Mizugakiyama_20110913_442_2Mizugakiyama_20110913_443

静かな樹林帯に合流して、瑞牆山荘目掛けて歩いていきます。


Mizugakiyama_20110913_446Mizugakiyama_20110913_448

12時瑞牆山荘前に到着しました。


Mizugakiyama_20110913_449Mizugakiyama_20110913_454

奥には喫茶店も併設されていました。駐車場に戻って癒し温泉に向かう準備をします。


Mizugakiyama_20110913_460Mizugakiyama_20110913_462

奇岩・岩峰突破で疲弊した身体を「ラジウム温泉増富の湯 」で癒すことにします。源泉の湯は非常にぬるく気持ちが良いのですが、反面入浴している地元のじじぃたちが中々出ていきません。入りたい湯舟もあったのですが、占拠されていて1時間程度で断念して出てきました。回転率が非常に悪い温泉です。 


Mizugakiyama_20110913_464Mizugakiyama_20110913_469

帰りは勝沼ICまで一般道を走ります。鳳凰三山のオベリスクが確認できました。登頂したかったなぁ・・・・。


Mizugakiyama_20110913_475
何時の日か登頂できるまでお待ちください!”鳳凰三山


■天候:晴れ 

■出会った人:30人ぐらい 

■タイム:7:10~12:00(山頂休憩1時間強) 

■その他: 

◇最終脱サラハイカー修行として選択した瑞牆山、奥秩父とはいえ、非常に遠く感じました。これなら鳳凰三山でも良かったじゃん!と後悔しましたが、いつかチャレンジできる日が来ることを期待してその日に向けてトレーニングは欠かませんね。街歩き・里山歩き・山歩き・拷問登山どれも大好きです。

◇金峰山から見た瑞牆山、瑞牆山から見た金峰山どちらも美しい山です。また、眺望も素晴らしく美しい。八ヶ岳見えなかったのが残念ですが、天候も荒れず気持ちの良い登山ができました。暫く車中泊を含めた登山が出来るのか?今後の動向次第かな。

◇深田百名山15座を踏破、百は目指しませんが、関東甲信越にある百名山は全て登頂してみたいという目標は持っています。何年かかるだらうか・・・。

脱サラハイカーを御支援、御指導していただいた方々にはたいへん感謝の気持ちで一杯です。特にゆうやけ師匠にはアドバイスを含めたいへんお世話になりました。また、同行していただいたリーマン時代の仲間、役人時代の先輩など色々と有難う。また読者の方々にも感謝しております。

ホームに戻る

« 高尾山 2011/9/10 朝練シリーズ Practice in morning | トップページ | 伊豆ヶ岳~子ノ権現 2011/9/19 低山縦走トレーニング編 初級(Photo Only) »

瑞牆山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568801/52736422

この記事へのトラックバック一覧です: 瑞牆山 2011/9/13 日本百名山の奇岩を突破する!:

« 高尾山 2011/9/10 朝練シリーズ Practice in morning | トップページ | 伊豆ヶ岳~子ノ権現 2011/9/19 低山縦走トレーニング編 初級(Photo Only) »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ