« 雲取山(鴨沢コース) 2011/5/10 攻略的日帰り単独ピストンシリーズ | トップページ | 甲武信ヶ岳 2011/5/19 超攻略的日帰り単独ピストンシリーズ »

伊豆ヶ岳~子ノ権現 2011/5/15 攻略的日帰り単独ピストンシリーズ トレーニング編

伊豆ヶ岳~子ノ権現 851M 高低差556M

Izugatake_20110515_094

今回で3度目の訪問となりました伊豆ヶ岳~子ノ権現、健脚向きコースをトレーニングの一貫として縦走してみました。近い将来の目標として、”甲武信ヶ岳”のピストンを成功させる為のトレーニングです。

(ルート):正丸駅⇒馬頭観音堂⇒男坂⇒伊豆ヶ岳⇒古御岳⇒高畑山⇒中ノ沢ノ頭⇒天目指峠⇒子ノ権現⇒西吾野駅⇒西武線乗車正丸駅下車


Izugatake_20110515_003 Izugatake_20110515_004

自宅を6時に出発して正丸駅駐車場に車を停めます。そして7時20分登山開始です。駅に向かって左側にあるいつもの階段を下ります。


Izugatake_20110515_006 Izugatake_20110515_007

ウォーミングアップで脚を慣らし徐々にペースを上げて行きます。安産地蔵尊の手前でまず1組目の男女ハイカーを追い越します。


Izugatake_20110515_010 Izugatake_20110515_012

20分ぐらいで”馬頭観音堂”に到着し登山安全の祈願をします。今回はこの登山口を利用して伊豆ヶ岳に向かいます。


Izugatake_20110515_018 Izugatake_20110515_028

少しずつ高度を上げながら男性シングルハイカーを追い抜きます。やや荒れている箇所もありました。


Izugatake_20110515_029 Izugatake_20110515_031

間もなく”胸突き八丁休んでけ岩”の前に出ます。軽く水分を補給して急登前の調整をします。

ここまでハイペース気味のウォーミングアップをして、コンディションの調子が良好なことがよくわかりました。脚部含めた身体への疲労をあまり感じておりません。


Izugatake_20110515_036 Izugatake_20110515_037

そしてここから心臓破りの急登を強いられます。先に登り込んでいたバデ気味のハイカーを追い抜きます。以前苦しんだこの急登にへたることなく挑戦的に登り込んでいきます。


Izugatake_20110515_039 Izugatake_20110515_042

お約束のロープ掴みで急登の仕上げをします。今までの山行の中でもかなりベストコンディションで登れています。

本日は、普段平地トレーニングで使用しているローカットのメレルカメレオンⅡを装着して伊豆ヶ岳を攻めています。割れ欠けた親指の爪に当たりにくいので、甲武信でも装着を検討します。


Izugatake_20110515_044 Izugatake_20110515_047

更に続く上部での岩交じりの急登を挑戦的にグングン高度を稼ぎにいきます。


Izugatake_20110515_051 Izugatake_20110515_053

その先も一歩一歩踏み込みながら登り、五輪山を巻いて”男坂”前に到達します。


Izugatake_20110515_054 Izugatake_20110515_058

この男坂は本日の第二の目的として、大震災後一体どうなったのか・・・。崩落でもしてないだらうかと心配していたので、自ら登って確認してみたかった場所です。

いざ出陣と思いきや、上から石がゴロゴロと落石発生中です。見上げると上から下りてくるハイカーがいました。珍しいですね、逆方向から来るハイカーを見かけるのは初めてです。とりあえず下りてくるまで端で待ちます。


Izugatake_20110515_060 Izugatake_20110515_062

さぁ、待ってましたと気を込めて鎖を握りしめます。2か月ぶりの再会、この長い鎖場を楽しみにしていました。


Izugatake_20110515_063 Izugatake_20110515_065

高さ50M、斜度40度の鎖場は震災の影響を受けてなかったようです。嬉しくなってグイグイ腕力を使って駆け登ります。


Izugatake_20110515_072

途中の眺望ポイントで横瀬の二子山を視界に捉えます。


Izugatake_20110515_073 Izugatake_20110515_075

更に根の張った岩場、垂直な岩場をよじ登ります。


Izugatake_20110515_077 Izugatake_20110515_078

すると絶景ポイントに到達します。冬場の枯れた光景と違って”緑”が濃いですね。


Izugatake_20110515_084 Izugatake_20110515_093

その僅か先で山頂到達です。非常に調子よく登ることができました。周囲の視界は新緑によって遮られています。


Izugatake_20110515_096 Izugatake_20110515_106

冬場と異なり眺望はあまり利かず、山頂にいても小太りなハチがブンブン五月蠅く付きまとってくるだけなのですぐに縦走ルートを下ります。


Izugatake_20110515_110 Izugatake_20110515_112

登り返しを消化して”古御岳”に到達です。こちらは冬場でも展望が利かない場所なのでスルーです。


Izugatake_20110515_114 Izugatake_20110515_117

この先では暫く下ったりフラットな登山道が連続します。


Izugatake_20110515_119 Izugatake_20110515_122

名郷分岐道を通過してグングン下って高度を下げます。


Izugatake_20110515_123 Izugatake_20110515_124

ここでの下り道、毎度のジンクスになっちゃっておりますが、今回も扱けました。大きめの浮石があり、足を着地させたとたんに外れて落石化、身体は足元から見事にすくい上げられ扱けさせられました。イタタタタ・・・・・。


Izugatake_20110515_126 Izugatake_20110515_129

その後、フラットな道が続き”高畑山”に到着です。ここも樹木に囲まれているだけで特にベンチ以外は何もありません。


Izugatake_20110515_133 Izugatake_20110515_135

また暫く歩き続けると”中ノ沢ノ頭”に到着です。


Izugatake_20110515_138 Izugatake_20110515_142

長く下った先では天目指峠に立ち寄らず、車道側に下りて行きます。


Izugatake_20110515_144 Izugatake_20110515_148

一旦、車道に出ます。天目指峠ガードミラーでお約束の自己撮影。あずま屋では、ブラウン管テレビが捨てられていました。リサイクル料金を払いたくない人が持ち込んできたのでしょうか。


Izugatake_20110515_154 Izugatake_20110515_155

再び登り返して”西川材”の説明版を通り過ぎます。


Izugatake_20110515_156 Izugatake_20110515_157

子ノ権現”への岩場急登をペースよく登り込んでいきます。この間6人の学生風ハイカーが休憩している場所で追い越します。その後学生風部隊がハイペースで追随してきていました。負けずとグングン登っていきます。


Izugatake_20110515_158 Izugatake_20110515_159

大きく下ってから木の階段での登り返しです。


Izugatake_20110515_161 Izugatake_20110515_162

その先では偽ピークにある祠です。


Izugatake_20110515_166 Izugatake_20110515_168

子ノ権現に通じる道の手前に伊豆ヶ岳と古御岳が眺望できるポイントがあります。先程の学生風6人組はこの辺りで何処かに消えて行きました。本格的な縦走装備をしていて山岳部のようにも見えましたが。


Izugatake_20110515_185 Izugatake_20110515_175

足腰の神様が祀られている”子ノ権現”で参拝をして、上部の鐘撞場に向かいます。


Izugatake_20110515_180 Izugatake_20110515_182

東京方面の景色が見えるポイントを確認して、鐘撞場で毎度のように鐘をぶち込み鳴らします。


Izugatake_20110515_187 Izugatake_20110515_190

仁王像の背後から進んでいくと太い樹木がありました。


Izugatake_20110515_197 Izugatake_20110515_199

調子が良かったので一瞬、正丸までのピストンを考えましたが、個人的呼び出しが入り西吾野駅に素直に下ることにしました。


Izugatake_20110515_207 Izugatake_20110515_209

子ノ権現~西吾野駅区間において、本日の出会った人の8割ぐらいはこの区間で出会いました。

20人の団体を始め複数の団体ハイカーと擦れ違い「コンニチハ!」を言い切れません。樹林帯から集落に出るとなぜか山から解放された気分になり、遭難回避の観点から安心できます。


Izugatake_20110515_214 Izugatake_20110515_216

集落の自治会館の脇を通ると、賑やかに地区住民が会合を行っていました。その後国道299号線が見えてきました。


Izugatake_20110515_217 Izugatake_20110515_219

国道突き当たり手前では、空きスペースがあり駐車場として開放してほしいですね。。そうすれば、西吾野駅を起点に使えるんだけどなぁ。駅へは国道沿いを歩き一つ目の信号を右に向かいます。


Izugatake_20110515_221 Izugatake_20110515_223

11:20西吾野駅に到着です。スタートから約4時間の行程でした。


Izugatake_20110515_225 Izugatake_20110515_226

11時30分乗車して正丸駅に戻ります。売店で駐車料金500円を後払いして車を回収します。本日は自宅直行でシャワーを浴びるため立ち寄り温泉は無しです。


■天候:晴れ

■出会った人:100人前後(正丸~伊豆ヶ岳区間12人、古御岳~子ノ権現区間10人、子ノ権現~西吾野駅区間80人ぐらい)

■タイム:7:20~11:20

■その他:

◇とても快調でベストなトレーニングが出来ました。雲取のピストンでスタミナが付いたのか?偶々、調子が良かっただけなのか?疲れにくい歩き方が自然とできていたのか?今後の挑戦的登山決行の時への緊急課題としてコンディション調整は必須事項となることでしょう。

■参考:伊豆ヶ岳登山マップ

« 雲取山(鴨沢コース) 2011/5/10 攻略的日帰り単独ピストンシリーズ | トップページ | 甲武信ヶ岳 2011/5/19 超攻略的日帰り単独ピストンシリーズ »

伊豆ヶ岳」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568801/51676327

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆ヶ岳~子ノ権現 2011/5/15 攻略的日帰り単独ピストンシリーズ トレーニング編:

« 雲取山(鴨沢コース) 2011/5/10 攻略的日帰り単独ピストンシリーズ | トップページ | 甲武信ヶ岳 2011/5/19 超攻略的日帰り単独ピストンシリーズ »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ