« 丸山 2011/4/18 | トップページ | 雲取山(鴨沢コース) 2011/5/10 攻略的日帰り単独ピストンシリーズ »

観音山(秩父) 2011/4/28 気まぐれ登山

秩父観音山(698M)埼玉県小鹿野町

Kannonyama_20110428_078

小鹿野町にある水子地蔵寺先のトンネルを抜けると秩父札所31番観音院があります。観音院本堂裏手に観音山に通じる登山道があります。

毎度小鹿野方面の山に訪問する時、観音山も抱き合わせで登頂する計画を立てておりましたが、つい下山すると温泉で癒すことを優先的に考えてしまいがちで観音山を登頂する機会を逸っしておりました。

そこで今回、早朝の悪天候後、突発的に思いつき観音山を目指してみることにしました。

(ルート)秩父札所31番観音院仁王門⇒新生代第3紀の地層⇒見晴し台⇒牛首峠分岐⇒観音山山頂⇒牛首峠分岐⇒日尾城址⇒牛首峠⇒観音院


Kannonyama_20110428_016 Kannonyama_20110428_015

突発的に計画した山行により自宅を10時に出発、299号廻りで小鹿野町へ。観音院には12時30分到着し遅刻ハイカーとなりました。


Kannonyama_20110428_021 Kannonyama_20110428_025

土産屋”観音堂”の前を通り、仁王門に立ちます。

ここから本堂までは”296段の階段をお経を唱えながら登って下さい”とのことです。お経の数に合わせて階段の数が造られているみたいです。


Kannonyama_20110428_026 Kannonyama_20110428_028

仁王門では、日本一の石仁王が両側を固めていました。たいへん立派で力強く見える石仁王像です。


Kannonyama_20110428_033 Kannonyama_20110428_034

仁王様の大きな手相像からお経(般若心経)を意識しながら登って行きます。9年ぐらい前、近くの観光地で岩盤の崩落事故があったそうで、ここも少々気を付ける心構えが必要です。


Kannonyama_20110428_036 Kannonyama_20110428_039

石段を登って行くと、周囲には石碑やら石仏が多く存在しておりました。


Kannonyama_20110428_042 Kannonyama_20110428_044_2

一歩一歩精神を集中して石段を踏み込んでいきます。途中観音院の案内図がありました。


Kannonyama_20110428_047 Kannonyama_20110428_049

本堂に到着です。岩壁に三方を囲まれており、崩落したらブッ潰れるでしょうね。観音堂で登山安全祈願をしていきます。


Kannonyama_20110428_051 Kannonyama_20110428_054

向かって左側では、勢いのない”聖浄の滝”が流れ落ちており、鯉が餌を求めて寄り集まってきました。


Kannonyama_20110428_063 Kannonyama_20110428_064

新生代第3紀の地層”2千万年前の地層を見上げるように通ると登山道に繋がります。


Kannonyama_20110428_065 Kannonyama_20110428_067

本堂裏手より観音山を目指していきます。


Kannonyama_20110428_069_2

観音山を目指す途中、見晴らし台に立ち寄ります。


Kannonyama_20110428_071_2 Kannonyama_20110428_072

戦国武将「畠山重忠」の家臣「本田親常」が矢を射通したといわれている岩穴らしき部分が見えました。


Kannonyama_20110428_076 Kannonyama_20110428_079

見晴らし台からは左手に”観音山”右手に”大石山”が眺望できました。


Kannonyama_20110428_088 Kannonyama_20110428_089

馬の蹄跡洞窟では、37体の石仏が断崖の切れ目に並んで置いてあります。


Kannonyama_20110428_092 Kannonyama_20110428_094

少し寄り道をしてしまいましたが、いよいよ観音山登頂を目指して木の階段を登り込んでいきます。


Kannonyama_20110428_097 Kannonyama_20110428_098

木の階段は思ったより長くしんどい勾配が続いておりました。一部補助ロープがありましたのでいつものお約束で掴んでみます。そして使用させていただきました。


Kannonyama_20110428_101 Kannonyama_20110428_105

杉林の中を進んでいくと牛首峠分岐点に到着しました。ここから観音山のピストンになります。


Kannonyama_20110428_109 Kannonyama_20110428_110

細い登山道を登っていくと仁王尊細工場跡に出ました。何処に工場があったのでしょうか。


Kannonyama_20110428_115 Kannonyama_20110428_117

急で長い木の階段を高度を稼ぎながら登り込んでいきます。運動不足のせいかスタミナが切れて息が上がってしまい、途中ヘバッテしまいました。


Kannonyama_20110428_121 Kannonyama_20110428_122

仁王尊採石場跡を通り過ぎ、自分を追い込みながら山頂を目指します。木の階段の先がピークと思いきや偽ピークでした。


Kannonyama_20110428_123 Kannonyama_20110428_126

偽ピークを廻り込み仕上げに入ります。ようやく三角点が見えました。


Kannonyama_20110428_127 Kannonyama_20110428_128

約1時間で登頂成功です。二等三角点と山頂部分です。ベンチは腐りかけて崩れおちていました。15~16人ぐらい休憩できるスペースはあります。


Kannonyama_20110428_129 Kannonyama_20110428_131

観音山山頂698M看板が倒れかけており、木の間にぶっ挿しておきました。再び倒れかけて気が付いた方がおりましたらぶっ挿しておいて下さい。低山のわりには眺望は絶景です。


Kannonyama_20110428_136 Kannonyama_20110428_137

奥側に両神山が見えており、武甲山もきれいに見えていました。


Kannonyama_20110428_140 Kannonyama_20110428_142

花がきれいに咲いていて、花に無知な私は何の花か名前がわかりません(アカヤシオ?ミツバツツジ?)。写真中央には雲取山が確認できました。

15分ぐらい山頂で休憩していると分厚い雲が観音山上部に現れてきました。山頂で突然の嵐に見回われたら、危険だと感じ下山することにしました。


Kannonyama_20110428_148 Kannonyama_20110428_149

木の階段をサッさと下りて行きます。すぐに牛首峠分岐点に戻ることができました。


Kannonyama_20110428_151 Kannonyama_20110428_152

牛首峠に向けて歩を進めます。牛首峠0.8Kの崩れた道標が落ちていました。


Kannonyama_20110428_154 Kannonyama_20110428_161

トラバース気味の歩きづらい場所を通り抜けて道標を確認します。


Kannonyama_20110428_162 Kannonyama_20110428_163

途中、観音山を振り返って山頂を確認できる場所に出ました。天候は持ちこたえたようです。


Kannonyama_20110428_166 Kannonyama_20110428_167

「ジュース並の雨が降る」と倉中生徒会は、スコールのような雨にでも遭遇したのでしょうか。その先には、鎖場が1箇所だけありました。


Kannonyama_20110428_173 Kannonyama_20110428_175

日尾城址に立ち寄ってみます。こんな場所にどうやって城を築いたのでしょうか。きっと、かなり小ぶりなお城だったのでしょう。


Kannonyama_20110428_180 Kannonyama_20110428_183

炭焼きがま跡を下り、馬上地区からの合流点に出ます。


Kannonyama_20110428_187 Kannonyama_20110428_189

牛首峠の合流地点から仁王門方面へと下ります。牛首峠から先の登山道は荒れかけていました。


Kannonyama_20110428_195 Kannonyama_20110428_200

沢沿いの荒れ地を抜けて行くと崩落箇所もあり歩くときは要注意です。間もなく駐車場が見えてきました。


Kannonyama_20110428_203 Kannonyama_20110428_206

下山後、観音堂の土産店で女性店長?からお茶とコンニャクの接待を受けました。女性店長?は城峯山の麓で育ったとのことで、将門の隠れ岩や小鹿野町の話で盛り上がりました。

突発登山で汗を流した身体を癒すため、個人的にお気に入りの”両神薬師の湯”に立ち寄ります。


■天候:晴れときどき曇り

■出会った人:貸切り

■タイム:12:30~14:45

■その他:

◇山の梯子で観音山を利用してみようという考えが甘かったことを知らされました。距離は長くありませんが、前半に高度を稼がせる木の階段が密度の濃い山行となり、「観音山は甘くない」ことを身体で味わいました。思っていたよりきつい山でした。半日コースプラス温泉セットと考えれば楽しめるコースではないでしょうか。

◆推奨サイト:ゆうやけハイカー

« 丸山 2011/4/18 | トップページ | 雲取山(鴨沢コース) 2011/5/10 攻略的日帰り単独ピストンシリーズ »

観音山(秩父)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568801/51527274

この記事へのトラックバック一覧です: 観音山(秩父) 2011/4/28 気まぐれ登山:

« 丸山 2011/4/18 | トップページ | 雲取山(鴨沢コース) 2011/5/10 攻略的日帰り単独ピストンシリーズ »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ