« 両神山(日向大谷口コース) 2010/11/30 攻略的日帰り単独ピストンシリーズ | トップページ | 両神山(八丁峠コース)2010/12/15 戦術的鎖場登攀シリーズ »

荒船山 2010/12/5

  荒船山(あらふねやま) 1423M  内山峠より高低差358M

800pxmt_arafune

※上記画像はウィキペディアより引用

今回目指します山は、西上州にある「荒船山」です。

山容が荒波に漕ぎ出した船のように見えることから名付けられたそうです。山頂部は南北約2K、東西約400Mの溶岩台地。

また、昨年の9月漫画「クレヨンしんちゃん」の作者臼井儀人さんが転落死された場所としても知られるようになる。

(ルート)内山峠⇒一杯水⇒艫岩(ともいわ)⇒経塚山⇒内山峠へのピストン


2010_vol5_003 2010_vol5_011

自宅を4:20出発、上信越自動車道下仁田ICより国道254を経て約28Kで内山峠に到着です。

駐車場は20台ぐらいおけそうですね。今回もトップバッターでの到着です。


2010_vol5_018

今回は高低差が少ないことからローカット用のMERRELL(メレル)CHAMELEONⅡ(カメレオン)を装着して準備です。


2010_vol5_024_2 2010_vol5_026

いつものように熊避け斬り込み隊長として6:40登山開始です。こちらの方が奥秩父よりも寒く感じますね。


2010_vol5_027 2010_vol5_028

クマザサの登山道を通り過ぎて、何かが見えてきたぞ・・・。


2010_vol5_029

な・ん・と・おーまい・ごっと!ヒグマではありませんか。ここは北海道ではありません。ツキノワグマのつもりでしょうか。


2010_vol5_034 2010_vol5_036

少し進むと八ヶ岳上部らしき山が見えてきました。目指す荒船山の船体も見えてきました。


2010_vol5_040 2010_vol5_041

ここまで600M前進です。登山道ははっきりしていて迷うことはなさそうです。


2010_vol5_042 2010_vol5_045

急登や急階段もあります。


2010_vol5_049 2010_vol5_053_2

再び荒船山の船体と妙義山が見えます。


2010_vol5_054

1.1Kを難なくクリアすると・・・。


2010_vol5_055 2010_vol5_056

八ヶ岳方面、南アルプスがはっきりと見えてきました。


2010_vol5_057 2010_vol5_058

荒船山艫岩までの中間地点です。高度というより距離を稼いできました。


2010_vol5_061 2010_vol5_062

そしてグングン進んでいきます。


2010_vol5_072 2010_vol5_076

やがて修験道行場跡に到着しました。


2010_vol5_080 2010_vol5_081

その先は表層崩壊している箇所もあり注意を要します。


2010_vol5_084 2010_vol5_093

凍っている箇所は慎重に渡ります。そして見上げると、艫岩が間近に見えていました。


2010_vol5_095 2010_vol5_096

艫岩目指して急登していくと、一杯水の前にきました。


2010_vol5_098 2010_vol5_099

一杯頂こうと試みますが届きません。無理です。滑って落ちるような危険な箇所にあります。


2010_vol5_100 2010_vol5_101

更に岩場を急登、ハシゴも登場です。


2010_vol5_105_2

凍っているので再度慎重に登ります。


2010_vol5_106_2 2010_vol5_107

急登場面を終えるとフラットな地点に出ました。船体上部到達でしょうか。


2010_vol5_108_2

臼井さんの事故のことでしょうね。


2010_vol5_109 2010_vol5_110

転落されたと思われる現場です。真下は200Mの絶壁です。


2010_vol5_111

正面には浅間山が見えます。噴火は治まっているようですね。


2010_vol5_113

私もこの現場で絶壁画像をとることにトライしてみました。流離の脱サラハイカーだからできる技で 、決して真似はしないようにしてください。

覚悟の上で木(細い)に掴まり半分身体を傾けての撮影です。真下は200Mです。落ちたら確実に意識を失いお陀仏です。


2010_vol5_117 2010_vol5_118

しかも貸切絶壁です。吸い込まれそうです。


2010_vol5_121 2010_vol5_124

改めて御冥福をお祈り申し上げます。


2010_vol5_137 2010_vol5_139

横に廻り艫岩の絶壁を撮影しました。スリル有り過ぎです。


2010_vol5_141

横から見ても吸い込まれそうです。


2010_vol5_150 2010_vol5_151

艫岩の展望台の展望盤です。あたりは絶景です。


2010_vol5_153 2010_vol5_157

ここにも絶壁ポイントが。


2010_vol5_162 2010_vol5_163

天気は快晴です!北アルプス方面や浅間山がはっきりと見えています。


2010_vol5_169 2010_vol5_174

絶景!!!!!30分間貸切展望台を楽しみます。


2010_vol5_148

展望台の裏には避難小屋(トイレ付)がありました。


2010_vol5_183 2010_vol5_184

締め切られた窓を開けてみると、お~まい・ごっと!「カビ臭い!」胞子を吸ったみたいで気持くなりました。


2010_vol5_185 2010_vol5_189

約2K先の山頂(行塚山)を目指します。


2010_vol5_191 2010_vol5_193

フラットな道を1.5K進みます。まるで山の上とは思えない光景でした。


2010_vol5_194 2010_vol5_196

山頂までの残り500Mは急登が待っていました。


2010_vol5_200 2010_vol5_202

山頂到達です。二等三角点もあります。


2010_vol5_208

山頂とはいえ、視界が開けておらず八ヶ岳方面はよく見えました。


2010_vol5_209 2010_vol5_211

艫岩方面に戻ります。このあたりから後発部隊とすれ違うようになりました。

ここまでは完全貸切状態でした。


2010_vol5_216 2010_vol5_217

艫岩で再度絶景を望みます。


2010_vol5_225 2010_vol5_226

船体からの下山開始です。凍っている箇所は気を引き締めます。


2010_vol5_227 2010_vol5_230

危険な箇所はロープを持ちながら下ります。そして、艫岩方面を振り返ります。


2010_vol5_233

暫くすると団体さんの声が聞こえてきました。

すると、おーまい・ごっと!渋滞しているではありませんか。そこは凍っている箇所でした。


2010_vol5_239

下山時は、やたら犬の鳴き声とハンターの銃声が遠くに聞こえていました。ハンターの召集日のようでした。

駐車場に着くと満車状態になっていました。11:00到着です。

高低差が少なく山頂のフラットな歩きもあったので、大腿部への疲労度は軽微でした。


2010_vol5_245

登ってきた荒船山を確認しながら、本日の温泉候補地に向かって運転します。


2010_vol5_249 2010_vol5_250

本日の癒してくれる温泉は荒船の湯です。

料金は500円   営業時間10:00~20:00

泉質:塩化物強塩冷鉱泉   源泉温度16度及び供給量不足により加水加温有り。

温泉後は、そばを頂いてから帰路に経ちます。


■天候:快晴(一点の曇りなし!)

■出会った人:下山時30人ぐらい

■タイム:6:40~11:00

■その他:

 比較的高低差もなく、登山道は明確で迷うことのないコースでした。

 部分的に凍っている箇所は注意が必要です。

 艫岩の絶壁は凄まじい限りでした。

« 両神山(日向大谷口コース) 2010/11/30 攻略的日帰り単独ピストンシリーズ | トップページ | 両神山(八丁峠コース)2010/12/15 戦術的鎖場登攀シリーズ »

荒船山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568801/50241681

この記事へのトラックバック一覧です: 荒船山 2010/12/5:

« 両神山(日向大谷口コース) 2010/11/30 攻略的日帰り単独ピストンシリーズ | トップページ | 両神山(八丁峠コース)2010/12/15 戦術的鎖場登攀シリーズ »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ