« 秩父御岳山 2010/12/24 | トップページ | 日和田山・物見山 2010/12/31 標高500M以下超低山シリーズ »

蕨山・有間山 2010/12/29 挑戦的日帰り縦走シリーズ

蕨山(わらびやま)1044M ・ 有間山(ありまやま)1163M

2010_vol8_127_2

今回は奥武蔵の山に進出です。棒ノ折山と選択を迷いましたが、360度の展望が効くということで蕨山に決定いたしました。

蕨山のピストンだけではつまらないと思い、名郷バス停からの周回コースをとることにしました。

(ルート)名郷バス停駐車場⇒蕨山⇒有間山(橋小屋ノ頭)⇒ヤシンタイノ頭⇒滝ノ入頭⇒鳥首峠⇒白岩入⇒名郷バス停駐車場


2010_vol8_003 2010_vol8_004

圏央道桶川北本ICから狭山日高ICで下車、そのまま一般道を25K程度走ります。


2010_vol8_008 2010_vol8_009

途中アイスバーン数箇所あり慎重に運転をして名郷バス停駐車場に到着です。既に先客が1台停車しておりました。


2010_vol8_014 2010_vol8_015

熊出没情報の上に蕨山コースマップの看板がありました。


2010_vol8_019 2010_vol8_022

駐車場に向かって左方面に登山口の表示があります。蕨山まで4.5K。


2010_vol8_023 2010_vol8_027

こちらの舗装道路を歩いていきます。


2010_vol8_029 2010_vol8_035

先程の標識版から300Mしか進んでいないにもかかわらず、な・な・ん・と!おーまい・ごっと!蕨山までの距離が3.2Kに1Kも短縮となっているではありませんか。

林道は車1台分通れる幅ですが、かなり悪路です。タイヤや下回りを傷付けそうな悪路です。


2010_vol8_038 2010_vol8_041

確かに駐車できそうなスペースがありましたが、ここまで悪路です。


2010_vol8_047 2010_vol8_055

ここから登山道になっていきます。


2010_vol8_060_2 2010_vol8_064

初っ端から杉林をジグザグに急登していきます。この900Mの距離でグングン高度を稼ぎます。酸欠になりそうなくらい息があがりました。


2010_vol8_069 2010_vol8_072

残り1.7Kの地点から尾根のコースに入っていきます。


2010_vol8_075 2010_vol8_076

標識もしっかりあるので迷うリスクも少なそうです。展望も徐々に開けてきました。


2010_vol8_081 2010_vol8_082

ロープの場所もありますが足がかりは確保できます。


2010_vol8_091 2010_vol8_092

岩場も三点支持で進めば問題はないでしょう。


2010_vol8_093 2010_vol8_099

しかし、急登場面もあるので侮れません。


2010_vol8_102 2010_vol8_103

やがて、傾斜の落ち着いた所にベンチが置いてありました。ここで小休憩を入れます。


2010_vol8_108 2010_vol8_109

落石注意の岩場を進んでいきます。


2010_vol8_114 2010_vol8_115

あと700Mです。急坂が待ち構えておりました。


2010_vol8_117 2010_vol8_122

急坂をクリアして有間山への分岐点に出ます。


2010_vol8_135 2010_vol8_129

分岐点から5分で展望台へ到着しました。

展望台では、登山途中に出会った北本市からお越しのシングルハイカーさんも後追いで到着してきました。そのハイカーさんと暫し展望を眺めます。


2010_vol8_141 2010_vol8_147

360度の展望とは少し無理がありますが、1000Mの低山としては中々の景色ですね。


2010_vol8_131 2010_vol8_158

20分ぐらい休憩してから有間山方面に向かいます。


2010_vol8_159 2010_vol8_160

分岐点から間もなくして獣の足跡がありました。鹿っぽいですね。明らかに熊じゃあ~ないです。


2010_vol8_164

こちらには表示も何もありませんが、蕨山の山頂1044Mだそうです。展望はありません。


2010_vol8_166 2010_vol8_171

そして有間山に向かいます。足元の落ち葉は凍っていましたが、アイゼンを装着する必要はありませんでした。


2010_vol8_172

目指す有間山が視界に入ってきました。


2010_vol8_175 2010_vol8_178

勾配を下ると広場とあずま屋が見えてきました。


2010_vol8_185 2010_vol8_189

重機の掘削音が鳴り響く採石場を横目に急登し、再び高度を稼いでいきます。


2010_vol8_197 2010_vol8_200

有間山山頂手前の急坂は長めで大腿部がかなり張りました。


2010_vol8_206

有間山(橋小屋の頭)登頂です。


2010_vol8_209_3 2010_vol8_210_2

展望は全くないので一息入れてから鳥首峠に向かいます。


2010_vol8_218 2010_vol8_219

少し進むと左側に防護ネットが張られていました。


2010_vol8_223 2010_vol8_224

防護ネットの向こう側は大規模な伐採工事の跡が広がっていました。

このあたりから両神山がよく見えていましたね。


2010_vol8_233_3 2010_vol8_241_3

間もなくヤシンタイの頭・しょうじくぼの頭を通過していきます。


2010_vol8_250 2010_vol8_251

再び両神山方面の絶景です。


2010_vol8_254 2010_vol8_259

滝入ノ頭に到着です。


2010_vol8_261 2010_vol8_265

伐採されて展望が開けている尾根道を進んでいくと大持山が見えてきました。


2010_vol8_267 2010_vol8_270

途中登山道にワイヤーなども張られているので注意を要します。


2010_vol8_272

山岳救助隊からの注意事項です。


2010_vol8_276 2010_vol8_273

すぐ先には二又に分岐する箇所がありますが、何も標識がありません。

左側の伐採工事跡方面に下ってみましたが、地図上と異なる感じがしたので引き返して正面採掘場方面を下ります。


2010_vol8_278 2010_vol8_280

そのまま進んでいくと標識が出てきました。近くには鉄塔がありました。


2010_vol8_282 2010_vol8_285

採掘現場が見える場所からすぐに鳥首峠はありました。


2010_vol8_289 2010_vol8_290

鳥首峠には一応標識が設置されています。途中迷いかけたもので・・・。そして白岩方面に下ります。


2010_vol8_295 2010_vol8_296

杉林をジグザグに下っていきます。


2010_vol8_299 2010_vol8_302

間もなく廃墟と化した白岩集落の脇を通り抜けていきます。


2010_vol8_306 2010_vol8_309

廃墟となっていた住居が5.6軒ありました。何か野生動物の棲家っぽかったのであまり覗いたりはしませんでしたが・・・薄暗くなると不気味でしょうね。


2010_vol8_310 2010_vol8_312

頭上に注意!とその脇には採掘場に繫がっているレールが敷かれていました。


2010_vol8_313

振り返ると周回してきた稜線が見えていました。


2010_vol8_314 2010_vol8_316

先を進むとプラントが見えてきました。


2010_vol8_319_2 2010_vol8_321_3

緩い傾斜を下っていくと工場の前に出てきました。表示通りに進みます。


2010_vol8_322 2010_vol8_326

砕鉱場では露天の採掘が行われているそうです。先程のプラントはJFE ミネラル武蔵野鉱業所でした。


2010_vol8_327 2010_vol8_329

ここから先は舗装道路を下って白岩渓流園の脇を通ります。


2010_vol8_331 2010_vol8_332

JFEミネラルから30分で名郷バス停駐車場に到着しました。時刻は13:30でした。


2010_vol8_333

車に戻るとワイパーに封筒が挟まっていました。


2010_vol8_337 2010_vol8_338

御厚意により”さわらびの湯”の割引券が封入されていました。そして駐車料金を入れて料金箱に投入します。


2010_vol8_342 2010_vol8_343

名郷バス停から7Kで本日の疲労した身体を癒す温泉さわらびの湯に到着です。


■天候:晴れ

■出会った人:山頂で1名

■タイム:7:50~13:30

■その他:

 尾根に上がるまでの急坂がきつく、武甲山・秩父御岳山と同レベルの急坂でした。

 全般的に岩場などもありコース的には飽きさせないルートでした。

 次回はさわらびの湯を起点に”棒ノ折山”の登頂を目指したいと思います。

« 秩父御岳山 2010/12/24 | トップページ | 日和田山・物見山 2010/12/31 標高500M以下超低山シリーズ »

蕨山・有間山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568801/50444125

この記事へのトラックバック一覧です: 蕨山・有間山 2010/12/29 挑戦的日帰り縦走シリーズ:

« 秩父御岳山 2010/12/24 | トップページ | 日和田山・物見山 2010/12/31 標高500M以下超低山シリーズ »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ