« 四阿屋山 2010/11/10 | トップページ | 両神山(日向大谷口コース) 2010/11/30 攻略的日帰り単独ピストンシリーズ »

袋田の滝・月居山 2010/11/14

袋田の滝・月居山(つきよりさん) 423M  茨城県大子町

2010_vol3_239

今回は、「袋田の滝」に興味を持つ職場の同僚と駅からハイキングのイベントに参加してきました。

”錦秋の奥久慈を体験・満喫”がタイトルとして、ゆず狩りと日本三名爆「袋田の滝」をメインとしたコース設定です。

名瀑「袋田の滝」は、最近では映画「桜田門外の変」の撮影場所としても話題になっていた滝です。

コースは、袋田駅⇒箕輪ゆず畑⇒南田気橋⇒袋田の滝⇒温泉入浴(豊年万作)⇒袋田駅の11Kです。

我々はこのコースに”月居山”をドッキングさせてイベントに参加することにしました。


2010_vol3_199

当日の参加時間に間に合わない為、水戸駅南口千波湖方面徒歩10分の所にある水戸リバーサイドホテルに前泊しました。


2010_vol3_202

当日はチェックアウト後、8:59発の水郡線に乗車するため早めに水戸駅に向かいます。


2010_vol3_204_3

10:00袋田駅到着です。駅からハイキングの受付を済ませてから出発です。


2010_vol3_205 2010_vol3_208

駅前を通って、橋を渡りゆず畑方面の勾配を進んでいきます。


2010_vol3_209 2010_vol3_211

約1K強でゆず畑に到着です。我々はゆず狩りは目的ではありませんので、イベントで用意されていたお茶を頂き、この場は撤収です。


2010_vol3_210 2010_vol3_212

すると、おーまい・ごっと!我々の目前にビジネススタイルをしたハイカーの登場です。

私の憧れのスタイルなので目を惹きました。そのビジネスハイカーもゆず狩りは目的ではないらしく同じく撤収です。

参加される方は受付で参加料300円を支払います。


2010_vol3_216 2010_vol3_218

撤収後、駅方面まではピストンになります。ビジネスハイカーも目的地に向かいます。


2010_vol3_219

乗車してきた水郡線を撮影します。


2010_vol3_220 2010_vol3_221

連れもこのスタイルに興味を示し暫く注目します。

靴はしっかり登山靴です。ビジネススタイルと言えども土台はしっかり固めていますね。


2010_vol3_222 2010_vol3_223

ビジネスハイカー同様に水郡線を見ながら袋田の滝方面に進みます。

私の憧れはスーツ姿で登頂することですが、社会人成り立ての頃は親にオンワード樫山で仕立ててもらいましたけれど、今は不況の影響でイオンの8千円出来合いスーツしか持ち合わせておりません。

このスタイルでアタッシュケース片手に登山していたら、脚光を浴びること間違いないでしょうね。

剣岳の蟹のタテバイとかヨコバイにアタッシュケース持って登場できたら、格好いいんだらうなぁ・・・。

別の着眼点からはヤバイ人と思われるかもしれませんが。


2010_vol3_224

そして、先程のゆず畑方面を振り返ります。


2010_vol3_229_2

車道沿いには袋田の滝の石碑が置いてありました。


2010_vol3_232 2010_vol3_233

整備された沢沿いの平坦な道を紅葉を楽しみながら歩いていきます。


2010_vol3_236 2010_vol3_237

紅葉がきれいですね。

暫く閑静な道を歩いてきましたが、やがて観光バスやたくさんの車のエンジン音、暴走族のバイクの吹かし音で騒がしくなってきました。


2010_vol3_238

今までの道は裏道なのでしょうか。土産屋の通りに出ると、おーまい・ごっと!大勢の人々が袋田の滝を目指しています。

何百・・・いゃ千人は超えていますね。


2010_vol3_241

袋田の滝トンネル利用料300円のところイベント参加により250円で通過して、観爆台に出ます。


2010_vol3_243

圧巻ですね。迫力があります。

ちょっと先にエレベーターで上がる観爆台もありますが、激込みで渋滞しているのを確認して遠慮しました。

連れが以前この観爆台に来たことがあり、上よりここでの観賞で充分とのことでした。


2010_vol3_244

観爆台の先に進んで角度を変えて観賞します。


2010_vol3_249 2010_vol3_250

ここから駅からハイキングのコースを外れて、月居山方面の階段を登って行きます。

階段は急で大腿部が硬直するくらい登らされます。しかし、滝を見下ろすことができます。


2010_vol3_255 2010_vol3_260

階段上部では、先程通ってきた土産屋一帯が見下ろせます。


2010_vol3_261_2

月居山前山を通過して少し下りた所に月居観音がありました。


2010_vol3_262_3

月居観音からの展望です。


2010_vol3_265

その後、やや勾配がきつめの登山道を20分ぐらい登っていくと、月居山の山頂付近に到着しました。

ここは昔城山だったのですね。


2010_vol3_266

月居山の山頂です。


2010_vol3_267_2

山頂は木々に展望が遮ぎられ、山頂という雰囲気は感じられません。

そして、土産屋方面をかけ下り、駅からハイキングのコースに再び合流します。

コースに設定されていた豊年万作で汗を流しながら癒します。

泉質:アルカリ性単純泉  料金は1000円のところイベント参加割引で700円に。

連れは銀河鉄道999の星野鉄郎のように温泉や風呂が苦手で、読書コーナーで40分待ってもらいました。

その後、袋田の駅に向かいゴールとなりました。

帰りは水郡線(1時間10分)常磐線(2時間)高崎線(40分)の長い電車の旅で終了です。

« 四阿屋山 2010/11/10 | トップページ | 両神山(日向大谷口コース) 2010/11/30 攻略的日帰り単独ピストンシリーズ »

月居山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568801/50297504

この記事へのトラックバック一覧です: 袋田の滝・月居山 2010/11/14:

« 四阿屋山 2010/11/10 | トップページ | 両神山(日向大谷口コース) 2010/11/30 攻略的日帰り単独ピストンシリーズ »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ